予防歯科の知恵袋

歯の色と区別がつきにくく、見落としがちなバイオフィルムを赤く染めてわかりやすくするためのものです。
奥歯の噛む面に左右3滴づつ落としてから、口の中全体に行き渡るようにクチュクチュとゆすいで吐きだします。

一度染色した後、赤い部分を全部落としてから、再度染色してみると、
みがき残しの個所がより明確にわかります。
食紅に使われる色素で、染色するだけで吐き出してしまいます。
残った分も磨き落としてしまうため毒性の心配はありません。
ご家庭でのチェック用に、受付で販売もしております。

甘いものを食べた後の口中の PHの変化を継時的にグラフにしたものです。

甘いものを食べた後口中の酸性度を示すPHはPH5。これは、歯の解け出す値の3を下回ります。もとのPHに戻るのには約40分かかります。
そのため、だらだらと長時間にわたって甘いものを食べ続けていると、お口の中はいつまでも、歯の溶ける値から上昇するわけがありません。
おやつを決まった10時とか3時などの時間にあたえていた昔の人には感服させられます。

フィッシャーシーラント

赤ちゃんの時、骨の中で歯が生えて行く様子。
だんだんとんがった山(咬頭)が高くなって行くと同時に歯の溝はだんだん深くなって行きますね。

歯を輪切りにしてみると、噛む面から見て単に筋にしか見えない溝も、深くまで溝が切れ込んでいることがわかります。つまり虫歯菌から見れば大きな穴なのです。

最初歯の溝の最深部からムシ歯は始まり、噛む面から見て薄黒く見える頃には、大きな虫歯になってしまっており、たくさんの歯質を治療で取り除いてゆかなければなりません。
歯が生えてきて噛む面があらわれてきたら、すぐに接着性の樹脂を用いて溝を塞いでしまうことにより、一番被害の大きい歯の噛む面のムシ歯を予防することをフィッシャーシーラントと言うのです。」

大人同様、子供の口角炎にもいろんな遠因が存在します。一際目立つ原因は偏った食事と細菌の働きに大別できます。
インフォームド・コンセントの推進は病気の状態をしっかりと掴み、それに効果的な治療の実施に率先して努力するようにしましょうという思考に依拠するものです。
歯科による訪問診療のケースでは、処置が終わってからも口中をケアしに定期的に数回担当の歯科衛生士がお邪魔させていただく事が時々あるとの事です。
口の中の唾液は酸っぱそうなものや、おいしそうな物を目の当たりにしただけで自然に出てきますが、実はムシ歯や歯ぐきの歯周病を防止するのに役立つのが唾液なのです。
虫歯は、虫歯を起こす菌が歯を溶けさせるテンポに、歯を再び石灰化する作用(とけ出た歯を元の通りに戻す動き)のペースが負けるとできてしまいます。


初めの頃は歯周病の原因菌が歯の表面に密着し、それで歯ぐきが炎症を起こして赤くなってしまったり、歯みがきすると血が出るような症状を呈するのが歯肉炎の特徴なのです。
通常の歯ブラシでの手入れを言われた通りにすれば、この3DSのために虫歯の原因菌の取り除かれた状態が、ほとんどの場合は4ヶ月から6ヶ月ほど長持ちするようです。
近頃ではホワイトニングを受ける方が確かに増加していますが、その時に採用した薬剤の影響で歯が凍みるように痛む知覚過敏という事態を引き起こす可能性が考えられるのです。
歯をいつまでも温存するためにはPMTCは大変重要ポイントであり、この手段が歯の処置の後の状態を末永く保持できるかどうかに大きな影響を及ぼすことも確実な事です。
長いこと歯を酷使していると、表面を覆うエナメル質はだんだん傷んで弱くなるため、中に在る象牙質の持つ色味がだんだん目立ち始めます。


歯のカラーとは実際のところピュアな白色であることは無くて、一人一人違いますが大部分の人の歯のカラーはイエローっぽい系統や茶色寄りに色が着いています。
患者への情報の公表と、患者側の自己選択を優先すれば、そこそこの負担が医者に強く望まれるのです。
例えば継ぎ歯が褪色してしまう主因に考えられる事は、さし歯自体の色が黄ばんでしまう、さし歯の周りの歯が変色してしまったの2側面が残念なことにあるのです。
専門的な話をすれば、虫歯は、虫歯の原因菌が歯を溶けさせる速度に、歯の再石灰化の機能(溶かされてしまった歯を元の通りにする効果)のペースが落ちると罹ります。
口内炎の段階や発症したところによっては、舌が力を入れるだけで大変な激痛が生じるため、唾液を飲み下す事さえ難しくなってしまいます。

口腔内に口内炎の出現する素因は、ビタミンが足りないのがそれの中のひとつなのは確かですが、それに必要なビタミンは気軽に摂れるサプリメントや、薬局でも買える医薬品の飲薬として一般向けに販売されています。
気になる口の臭いを放っておくことは、周りの人への不利益は当然の事、自身の精神衛生的にもシリアスな妨げになる可能性があるのです。
自分の口臭について一緒に暮らす家族にも確かめられない人は、極めて多いとみられます。そう言う時は、口臭外来を訪れて口臭専門の治療を実施してもらうのをお勧めします。
審美歯科についての療治は、「困っているのはいかなるものか」「どんな笑みを入手したいのか」をきちっと検討を重ねることを基本にスタートされます。
審美歯科に於いては、外見ばかりではなしに、歯並びや不正咬合の矯正によって、その賜物としてもともと歯牙が持っている美しさをよみがえらせることを追求していく治療方法なのです。

口内炎の段階や起こった部分によっては、生理的に舌が少し力を入れるだけで、ひどい痛みが生じ、唾を飲み下す事さえ難しくなります。
虫歯を予防するためには、歯みがきのみでは至難になり、大事なのは痛い虫歯の引き金となる原因菌を除去することと、虫歯の進展を回避するという2つのポイントだとはっきり言えます。
よく知られている歯を白くするホワイトニング処置は、歯の表層の細かな汚れをじっくりと排除した後に実行しますが、それには自宅で実施できるホームホワイトニングと歯科医が行うオフィスホワイトニングの方法の異なる2つのサービスが実用化されています。
虫歯の元凶は、ミュータンス菌として知られる菌の汚染によるものです。一度口の中にムシ歯菌が出てしまったら、それをきれいに除去する事は想像以上に難しい事なのです。
プラークコントロールという文言を聞けば、歯ブラシでの歯磨きを想像する人の方が大半だと推量しますが、実際はそのほかにも豊富なプラークコントロールの使い方が存在すると言われています。

最近になってホワイトニングを体験する人が激増していますが、その時に使用される薬剤による刺激で、歯がしみる感じのする知覚過敏という事態を起こす事があり得るのです。
PMTCを利用して、普通の歯ブラシを利用した歯のブラッシングでは除去しきれない色素の定着や、歯石の他の付着したカス、ヤニなどを美しく消し去ります。
ムシ歯や歯周病などが酷くなってからいつも行っている歯科医院に出かけるケースが、ほとんどだと思いますが、予防の目的で歯科に通院するのが現に望ましい事です。
私たちの歯牙の外側を覆っている半透明のエナメル質のすぐ下あたりから、口腔内環境の指針である酸性の度合いが弱くなりペーハー(PH)が5.5から5.7より小さい数値になると、歯を形成するカルシウムやリンが溶解して消えてしまいます。
ビオラ社のエムドゲイン誘導剤を歯周外科で治療する時に患部に塗布すると、初めて歯が生えた時の様態とそっくりな、頑丈に固着する歯周再生を活性化することが実現します。