再石灰化:虫歯は人から感染する?

はい。感染します。
そもそも虫歯は感染症で、よって、生まれて間もない赤ちゃんには虫歯菌はいません。
母親や周囲の大人から唾液を媒介して感染するのです。

日本人の9割が虫歯菌の一つ、ミュータンス菌をこうした感染により持っていると言われています。

※ただし、唾液の中には人間にとって必要な常在菌もあるため、口うつしがまったく悪いと言うわけではない。
これには母親の虫歯菌を減らすことが大切。虫歯菌だけでなく歯周病菌も大人同士では感染すると考えられています。

2.歯石がすぐにできる人は虫歯になりやすい?

虫歯になりにくいが正解です。

虫歯菌が糖分を栄養にして酸を生成し、歯のカルシウムを溶かすことで虫歯は作られます。

そんな酸の攻撃と常に戦っているのが唾液。
通常、唾液は1日2~5リットルほども分泌され、カルシウムが溶け出してしまった歯にカルシウムを供給して元に戻してくれる。これが【再石灰化】です。

この作用は、歯垢(細菌の塊)までも固めてしまうのです。
これが【歯石】の正体です。

歯石ができやすい体質の人は、再石灰化作用が高く、虫歯になりにくいと言われています。
ただ、歯石があると逆に歯周病の可能性が高まるので、歯周病で歯が抜けてしまうということもありうるのです。

では、歯石はどうやって取るか?

これは、自分では不可能なので、歯科医院で取ってもらうことになります。

3.歯が白くなってきたのは、歯がきれいになってきた証?

むしろ歯に白い部分が現れたら要注意なのです。

白くなってきた部分=虫歯です。
そもそも虫歯の始まりは、エナメル質の表面ではなく、その内部にできます。

エナメル質は、カルシウムの柱が集まったもので、むし歯菌が出した酸がすき間からその中に入り込み、その内部を溶かしていくことで虫歯が始まります。

つまり、白い部分は虫歯の初期状態。
このように、初期の虫歯ができると光が屈折することから、表面から見ると白くくすんで見えるのです。

さらにその歯を放置しておくと、表面にまで穴が開き、進行して黒く見えるいわゆる私たちの知る虫歯になるのです。

初期の虫歯=ホワイトスポット

といいますが、初期虫歯が必ずしも白く見えるのではなく、見える部位によってはむし歯は白く見えないこともあります。
初期虫歯は歯科医師でも見た目だけでは認識できないこともあるのです。

そこで、隠れ虫歯を見つける「歯面状態認識装置(しめんじょうたいにんしきそうち)」という最新の検査機器が登場するわけです。

歯にレーザー光をあてるだけで表面からはわからない歯の中の空洞(つまり、虫歯菌に侵(おか)された所)があるかどうかがたちどころにわかるのです。

では、初期虫歯の治療は?

歯を削る治療が必要な通常の虫歯の場合はキーンという不快音を伴う治療となるのですが、初期虫歯の場合には歯を削る治療は必要なく、カルシウムの多いペースト等を歯に塗布し、再石灰化を促すことで、歯を元に戻すことが可能です。

最後に、歯医者に検査として行く頻度は、1ヶ月に1回(インプラント等をされている方)、
通常は半年に1度くらいで歯のチェックをするのがいいとのことです。

見た目麗しく歯を望んでいるなら上手く美容歯科を得意とする歯科を利用しましょう。優秀な美容外科ではトータル的に見て万全な治療を約束してくれる良きパートナーです。インプラントが入れ歯やブリッジと違うのは、物を噛むときに顎の骨にしっかりと荷重がかかることです。これによって顎の骨が痩せていくことを阻止することができます。
普通は医者が多いときっちりと患者の診察をしてくれそうですが、思いのほかそういう場所には流れ作業のようなスタイルで患者に治療を施す診療所が存在すると聞いています。
セラミック術といわれているものにも、様々な材料や種類等が実用化されていますので、歯医者と納得できるまで相談して、自分の歯にとって良い内容の治療を吟味してください。
カリソルブとは何かと言うと、簡単に言うと「科学の力で虫歯の所だけを集中して溶かすお薬」です。その処置をしても、むし歯に冒されていない箇所の歯には全く影響のない安全な薬剤です。
口中の臭いをそのままにしておくのは、周辺の人への支障はもちろんの事、当の本人の精神衛生にとっても大変な傷になるケースがあると言えます。


虫歯の予防措置は通常の歯磨きに偏重していては難しく、ポイントは虫歯のきっかけとなる原因菌を取り除くことと虫歯の病態が進むのを歯止めをかけるの2ポイントだと言えるのです。
噛みあわせの問題の中でもことさら前歯がよくぶつかり合う場合だと、歯を噛みあわせる毎に力が上の顎の骨の前部や鼻骨などに集まってきます。
キシリトールにはムシ歯を止める作用があるとした研究結果の発表がなされ、それからというもの日本をはじめ世界のいろんな国で盛んに研究が続けられました。
在宅医療において歯科衛生士が期待されているのは、まず先に患者の口のなかを清掃して清潔にすることです。口内が汚れたままだと、細菌が繁殖した歯のカスをそのまま飲み込むかもしれません。
とある研究では、顎関節症の自覚症状がみられなくても、大体35%ぐらいの人が口を動かす場合にこれと同じ奇妙な音が発生するのを気にしていたそうです。


始めに、歯磨き粉を使わないで隅々まで歯をブラッシングする方法を熟達してから、仕上げ時にちょっとだけハミガキ剤を塗るようにするとしっかり歯磨きができるようになるでしょう。
とある研究の結果、顎関節の異常だという自覚症状がなかった人でも、3~4割もの人が口を動かしたりする時にこれとそっくりな不思議な音がするのを感じたようです。
歯科で使われているエムドゲインを歯周外科治療の時に患部に付けると、初めて乳歯が生えたようなシチェーションとそっくりな、しっかりとくっつく歯周再生の進展がありえます。
口の中の臭いの存在を一緒に暮らす家族にさえ尋ねられない人は大変多いことでしょう。そんな人は、口臭外来を探して口臭専門の施術を試してみる事を提唱します。
病気や仕事などによって疲労が重なってしまって体力が落ちたり、栄養のバランスの悪い食事が続いたりすると体調の優れない状況に至ると口内炎が起こりやすくなる可能性があります。

噛み合わせると痛覚が刺激される入れ歯、フィットしていない入れ歯は、そのことが理由でよくアゴを動かせずに驚くことにそのまま飲み下してしまう情況が、増えてきてしまうとの事です。
仮歯を付けたならば、見た感じも良くて、食事や会話などの日常生活においても戸惑いません。そして仮歯により、他の治療中の歯が壊れてしまったり、歯列が乱れたりすることはまずありません。
大切なのは虫歯を誘引する虫歯菌や歯周病菌を幼い子供に寄せつけないためにも、婚姻を考えている女性陣は虫歯を治す治療は、適切に完了させておくのがベストだと考えましょう。
例えば継ぎ歯が褪色する要因に推測されるのは、歯冠継続歯の色自体が褪色してしまう、継ぎ歯の周りの歯が褪色してきたという2つの項目があり得るのです。
長年歯を使っていると、歯の表面のエナメル質はだんだん消耗してしまって弱くなってしまうため、中の方にある象牙質の色そのものがだんだんと透けるようになってきます。

ホワイトニングの処置をしない場合でも、歯にできている割れ目をそのまま放っておくと、象牙質が傷んでしまい、冷たい外の空気や食物が当たるだけで痛みを感じることがままあります。
口臭を気にして、市販のガムやマウスウォッシュを頻繁に使っている人は、歯垢を除去する対策をまず始めに始めてください。嫌な臭いが治まってくると思います。
歯の表面を少しだけ削って白くする働きをする研磨剤の入ったハミガキ剤は、少々マイナスの作用ですが、再び歯が石灰化するのを促すのは価値のある効力です。
親知らずを切除するにあたって、かなり強い痛みを避けることはできないゆえに、麻酔を使わない手術を実施するのは、患者さんにとっては相当な負担になります。
虫歯を予防するには、通常の歯を磨くばかりでは困難で、留意点はこの虫歯を引き起こす原因菌の消去と、虫歯の悪化を阻止するの2ポイントだといえます。

規則正しい日頃の暮しになるよう心を砕き、唾液からの復元作業をもっと促進するという重要なポイントを読み取った上で、ムシ歯の予防措置という点を考慮する事が望まれるのです。
現段階で、虫歯の悩みを持っている人、或いは以前に虫歯の悩みを有していた人、実に日本人のおおよそ90%がこうしたムシ歯を誘発する菌を、絶対に保有しているとのことです。
PMTCの利用で、基本的な歯ブラシを使った歯の掃除では落とし切ることのできない色素の付着や、歯石とは異質の不純物、ヤニなどを丁寧に消します。
歯の色味は本当は純粋な白色ということはなくて、人によっては多少差はありますが、大半の歯の持つカラーは、イエローの系統や茶色の系統に色づいています。
とある研究では、顎関節症の自覚症状が感じられなくても、全体の約4割の人が大きく口を開ける状態で、これとそっくりな音が鳴ることを感じていたそうです。